「パンドラの鐘」まで2週間!?

また、大変な作品を選んでしまった…と感じた時には、時既に遅し。本番まであと2週間となりました。皆、小道具作ったり、お花作ったり、衣装縫ったり、宣伝したり、それぞれ一生懸命動いてくれてる、本当に良い仲間が集まったと最近富に感じます。

そんな中、最後の集中稽古で願うことは、真実であること。野田秀樹さんの作品は、スピード感とパワーが必要だ。確かにその通りだが、やはり1つの役としていつも真実を引っ張って来て欲しい。芝居に身体が馴染んできた今、もう一度台本と心から湧き出る真実を大切にして欲しい。その結果が溢れ出るエネルギーとなって、観客の皆さんに伝わる事を願いながら、せっせとお花造りをしています(笑)