本番間近。

本番までとうとう一週間をきった。描きたい舞台になって、お客様に楽しんで頂けるかはこの一週間にかかっていると言っても過言ではない気がする。

この頃になると各セクションの苦労や努力が形になって現れはじめ一気に1つの力になっていく。そして、その力こそが舞台に魔法をかけるのではないだろうか。

こんな時いつも思う。演劇には役者には、自己犠牲の精神が必要なんだと。自分のためにはできない、スタッフワークも演技も、観客の為に、劇場に魔法をかける為だけに力を注ぐことでやっと本物になると思う。

一週間後、そんな自己犠牲の力が、舞台を輝かせてる事を楽しみにしてます。

是非ご来場下さい!