第4回公演を終えて

第4回公演「牡丹燈幻想」を無事終演することが出来ました。シアター風姿花伝さんの新様式の試みである配信サービスは8月13日まで視聴可能ですが、今回の公演を終えて久しぶりにパソコンを立ち上げました。

まず、ご来場頂いた皆様に心からのお礼を申し上げたいと思います。コロナ禍が騒がれている中ご来場頂くことは抵抗もあったと思います。本当に感謝致します。今回しゃれこうべも例外なく上演を悩み、話合いました。劇団員も関係者も演劇の存在の価値と舞台表現に対する世間の考え方の間で揺れ動きました。ですが、上演にあたり劇団としても万全のコロナ感染防止対策を(優秀な)制作チームが知恵を絞って実行し、多くのお客様から「あれで感染するはずがない」というご意見を頂けた事は劇団として自信を持つきっかけになりました。

今回の舞台「牡丹燈幻想」はこんな世の中だからこそ上演を決めた脚本でした。コロナ騒動が始まって当初予定していた「小鳥たちのプロポーズ」の上演をあきらめた時に決定した脚本で、それぞれのキャラクターがそれぞれの欲を抱え人間だからもつ不完全さを露呈させていく。でもだれも憎めない、それぞれの弱さが「あってもいい!」そんな、お話しを選びました。そしてよりエンターテイメント性の高い舞台にすることで、シンプルに観劇されたお客様の心を軽くできる舞台になることを願い創ってまいりました。

終演後、アンケートに多くのお客様から「こんな時期なのに上演してくれてありがとう」とご感想を頂いたことは、劇団員一同この3ケ月間走り切った事は間違っていなかったと確信を抱かせていただけるものとなりました。本当にありがとうございます。今回の騒動で、演劇という生の想いをライブで伝えることと受け取る事の大切さを再確認できたと思います。(特に小劇場において)

自前の稽古場も持ってさらにパワーアップした劇団しゃれこうべ。今後も特別な空間を生み出すために成長していきますので、応援の程宜しくお願い致します。

本公演にご来場いただき誠にありがとうございました。オンライン配信も宜しくお願い致します。※シアター風姿花伝さんの4Kカメラ配信、すごいです!