旗揚げ公演が終わり。

2018年2月2日~4日 旗揚げ公演「小鳥たちのプロポーズ」がなんとか終演を迎えました。旗揚げでニール・サイモン作品を上演するという無茶から始まった本公演には、翻訳家の「酒井洋子先生」や文学座の「今井朋彦様」にもご来場頂き、励ましのお言葉やご指摘を頂く事ができました。また、ご来場いただいたお客様からも「感動した!次の公演も観に行きます!」とか「台詞に感情がこもっていない」とかたくさんのご感想を頂けたことに大変感謝しております。

はっきり言って今回、ニール・サイモンの戯曲の世界観を完全に描くことは出来なかった。だけど、この作品はもっとお客様に喜んで頂ける作品になるはずなので是非近いうちに再演したいと考えてます。どうかバージョアップした「小鳥たちのプロポーズ」を楽しみにしていてください!

こんな私についてきてくれた劇団員とスタッフの皆さんにもとても感謝しています。(木田の頭ん中という事で、手前味噌をお許し下さい…。)これからも、普段の生活とバランスをとりながら舞台に立ちたいと考えているたくさんの方々と出逢い、関わる皆にとって特別な空間を創りだせるような幸せな団体になれたらいいなと思っています。

次回は11月秋公演。次も純粋に楽しんでいただける作品を目指して創り込んでいきます!!

でもさすがに次は、和物の現代劇をしようかな・・・。