初めての稽古場 Part1

またまたずいぶん前回の投稿から時間が経ってしまった。
忙しさを言い訳にしてこの体たらく。誰かの怒りの声援が聞こえる。

とにかく、カクカクシカジカで初めて演劇の稽古場に入った。
自身の話になるが、いや、それはもうとにかく燃えていた。
そこには普段、会社で感じる実にならない習慣がなかったから。
もしかしたらこれは演劇だけじゃなく、あらゆる趣味といわれる(食べてはいけないもの)事と共通しているんじゃないだろうか。

社会の仕組みが悪いとは言わないが、
世の中には意味のない、個々の感情を満足させる為にある社会理念がはびこっている。
皆さんご存知のように、立場を守りたいとか自分が生きやすいからとの理由で決められてるルールが往々にしてある。

それが、この稽古場にはなかった。
その時はまだ、もちろん、演劇の可能性と素晴らしさなんて知らなかったのだが、
演出、先輩俳優、同期に入団した同志達、だれも社会意義でなく、創り上げることに集中していた。
そんなの当たり前!と思われるかも知れないが、企業という組織の中は本質を見失うことが正義。みたいなことがある。

日本の企業批判はさて置き、
とにかくこれからあらゆることを学ぶ場所で、
生きていくために本気を出していいんだと、精一杯生きていいんだと思った初めての稽古場だった。

そして次回はもっと早く書く。と誓った。

関連記事

  1. なぜ演劇を始めるのか。Part1

  2. なぜ演劇を始めるのか。Part2

  3. チャレンジ

  4. なぜ演劇をはじめるのか Part3

  5. 初めての稽古場 Part2

  6. 400年以上前のシェイクスピアの名戯曲